代表カウンセラー紹介

丸山さくら

東京音楽大学卒業
カラーアナリスト
骨格診断アナリスト

幼少の頃より音楽に親しみ、学生時代は全国規模のコンクールで上位入賞するなど、20代半ばまで結婚とは無縁の音楽漬け生活を送る。31歳の時に、一念発起しIBJ加盟の結婚相談所に入会。3ヶ月後、海外駐在中だった夫と出会いお見合いし、海外〜日本間の遠距離交際をスタートする。交際中、子宮癌検診に引っ掛かり、入院&手術をする事に…。そんな中でも、約半年の交際期間中、毎日2、3時間のSkypeに加え、4回の渡航(夫も3、4回は帰国)と、お互い努力が実り、お見合いから丁度11ヶ月後に駐在先の現地大使館にて入籍。

2017年日本へ本帰国のタイミングで丸の内結婚相談所を開業。
現在は一児の母。

インタビュー記事がSpicomi様に掲載されました。https://spicomi.net/media/articles/2086

Q. 結婚相談所を始めたきっかけを教えてください。

私はもともと高校・大学・大学院と音楽学校に通っていました。大学院を卒業後、ピアノのお仕事をしながら、国立大学で先生方の秘書として勤務。27歳になって、結婚を意識するようになりました。
そこで結婚をするためには「先ずは自分自身がもっと経済的にも安定しよう」と思い立ち、一般企業に就職。幸運にも総合商社にご縁があり、経営企画室、人事部で主に新卒採用や人事施策などの業務に携わりました。
と同時に、プライベートではお見合いパーティーに参加したり、婚活アプリを使ってお相手を探したりするなど結婚を目指して自力で活動。ただ、恋人ができてもお付き合いをするだけで、なかなか結婚につながる出会いはありませんでした。
出会いと別れを繰り返しているうちに30歳になって、自分が本当に結婚したいかどうか分からなくなってしまったんです。思い詰めた私は信頼する既婚の先輩に結婚について相談。すると、思わぬ叱咤激励の言葉を投げ掛けられました。
「今すぐ結婚したくないと思っていても、自分の人生の中で結婚ということがあるのであれば、今するしかないよ。年齢的にも売り手市場のうちに決めた方がいい」
先輩からの現実的なアドバイスに目が覚めた私は、31歳の誕生日に一念発起。IBJ加盟の結婚相談所に入会しました。
入会直後から積極的に活動。新卒採用といった人事経験のあった私は、自分が理想とするお相手に選んでもらうためにどういう風に自分を見せていけばいいのかということを直感的に心得ていましたので、相談所での婚活は順調でした。

当時、お相手の理想を高く掲げていた私は、簡単には見つからないと思ってたくさんの方にお会いしようと、3カ月間で50人とお見合い。その一人が今の主人でした。海外駐在員だったので、交際が決まった後は私も現地に会いに行きました。半年くらい交際して、ちょうど出会ってから1年後に駐在先の大使館で入籍。日本へ帰国後、第一子の出産などを経て、2017年に「丸の内結婚相談所」を設立いたしました。

人と人とのご縁をつなぐカウンセラーのお仕事に興味を持ったのは、実は私自身が結婚相談所で活動をしている時からです。自身の婚活を効率的に進めるために相談所のシステムの仕組みを研究したり、戦略的にお見合い写真や自己PRを準備し順調にお見合いが成立している一方で、同時期に婚活をしていた友人などから「中々会いたい人に会えない、お見合いが成立しない」という悩みの声を聞くことも多く、多くの会員様がご自分に合ったお相手と中々巡り会えない現状を目の当たりにしたりしているうちに、自らカウンセラーになって婚活が上手くいかない方々のサポートしていきたいと思うようになりました。

主人の後押しもあり、自身を成婚に導いていただいたIBJ加盟の結婚相談所を開業したんです。

 

Q. 結婚相談所に来る方の年齢や人柄は?

20代後半から30代前半までの若い世代の会員様が中心です。年齢31歳から33歳までの層が最も厚く、男性も35歳前にはご入会される方がほとんど。男女の割合でみると、女性の会員様が7割ほどを占めます。
私の相談所は、主に東京駅周辺で入会や婚活のご相談などを行っています。ですので、男女ともに丸の内、大手町エリアでお勤めされている方が多いです。
昨年、海浜幕張にプライベートサロンをオープンしてからは、千葉方面のお客様も増えてまいりました。海浜幕張サロンでは、婚活専門のパーソナルカラー診断や骨格診断、美顔バランス診断などを行なっており、特に婚活で重視されている外見を磨くサポートに力を入れております。ご自身の外見(見せ方)をブラッシュアップする事によって、外見が綺麗になる事で自分に自信が持てる様にもなり、婚活でも良い結果に繋がっています。

会員様の特徴を挙げますと、男女ともに高学歴高収入の方が目立ちます。女性でも大手企業の総合職の方、公認会計士としてバリバリ働いている方などキャリアウーマンが多いです。
男性も若い世代が大半ですが、「結婚したら子どもが二人を持ちたいから、年齢的にも30代前半の今活動を始めようと思った」などと、若くてもしっかりと将来設計を思い描いてる現実的な考え方を持った方が比較的多いかと思います。
また、海外駐在員の男性会員様が多数所属しており、海外駐在員や将来海外勤務のありそうな男性とのご結婚をご希望されて入会される女性も少なくありません。

 

Q. 相談のときに意識していることや心がけていることは?

心がけていることは、会員様とのご入会面談の際に必ず「ご自身がどういう人生を送っていきたいか」をお聞きすることです。もちろん相談所にご入会されたのは結婚が目的ではあるのですが、まずはご自分がどういう生き方をしてくのかを明確にすることが大事だと思っています。例えば、結婚してもバリバリ働きたいのか、あるいは出産したら会社を辞めたいのか・・・つまり、結婚後の人生設計を考えることです。

結婚相談所での“婚活”というと、お相手のプロフィールをご覧になって見た目や条件などから入っていくもの。ついつい魅力的なお顔にひかれたり、女性の場合はお相手の年収やどんな企業に働いているとか気になったりしますよね。ただ、見た目や条件の良いお相手とのご結婚が必ずしも会員様にとって結婚生活の QOL(Quality of Life)が高くなるとは限りません。

キャリアウーマンで結婚後もお仕事を続けていきたいという女性が、いたずらにハイスペックで高年収の男性を望んだとしても結婚後上手くいかないケースがあります。優秀な男性で基本的に年収が高いということは、当然仕事の勤務時間が長かったり、出張があったりする場合が多いですから。子どもを産んで子育てしながらご自分のお仕事を考えた時に、ワンオペで子育てや家事をこなしながら、ご自分の仕事も回していくのは非常に大変な事です。

だったら、女性が安定した気持ちで子育てをしながらご自分の仕事も続けていける様な、共に対等な関係で、家事・育児に関われる男性と結婚生活を送った方が幸せだったりもします。だからこそ、自分が何を求めているのか、結婚後の人生をどう歩んでいきたいかをはっきりさせた上で、ご自分にあったお相手探しをされることをおすすめしています。

 

Q. 結婚相談所で成婚退会しやすい方の特徴は?

ご成婚しやすい方の特徴は、一言で表すと「素直」な方でしょうか。

成婚者さんからは「アドバイスされた事は全部その通りにやって見ました」というお話を良く聞きます。「今まで自己流で婚活をしてきたけれど、上手くいかなかった。だからこそ、先ずはプロのアドバイスの通りに行動してみようと思いました。」と、言った感じに、丸の内結婚相談所で短期成婚される方は、皆さん共通して「素直さ」に長けていらっしゃったなと感じます。

あとは、婚活を楽しむ事が出来て、受け取り上手、一つ一つの出会い出来事に感謝の気持ちを持つことの出来る方は、素敵なお相手に選ばれやすいです。

一方、ご退会されやすい方というと、先ほどご成婚しやすい方とは真逆の方になります。カウンセラーがアドバイスしても、「でも・・・」と、なかなかアドバイスを上手に受け取れない、ご自分以外の意見や考え方を受け入れがたい方でしょうか。

まとめますと、ご成婚しやすい方は受け取り上手、ご退会されやすい方は受け取り下手ということです。お見合いのお相手から褒められて素直に喜ぶ方と「そんなことありません」と受け止められない方のどちらが印象がいいでしょうか? もちろん印象のいいのは素直に喜ぶ方ですよね。受け止められない方はお相手にネガティブな印象を与えてしまいます。

 

Q. 印象的だったお客様の成婚について教えてください。

私の相談所は”短期目標”を掲げておりますので、半年から1年くらいでご成婚される方がほとんど。
その中でレアケースではありながらもとても印象的だったのが、2年近く長期にわたり婚活された結果、理想の男性とご成婚された女性会員様です。

彼女は、海外駐在員の男性とのご結婚を望んでいらっしゃいました。ハイスペックな男性を求めていらしたので、活動を始められる際には「長期化するのも覚悟しなければならない」ということをお話しさせていただきました。

また、理想の高いお相手を求める場合、ご自身もその方と同じ”位置”に入れるよう努力されることも必要ですから。彼女も海外での生活を想定して語学の勉強などそれ相当の努力されていらっしゃいました。

ただ、途中で「真剣交際」までたどり着いたお相手がいたのですが、うまくいかず・・・とてもショックだったと思われます。でも、彼女は活動をストップすることはされないで、お見合いの申し込みを続けられました。そして、紆余曲折の先に巡り会ったのが今の旦那様。彼女の理想通りの海外駐在員の方で、お二人とも海外で仲睦まじく暮らしていらっしゃいます。

彼女がご成婚したときは、「やり切った感」がとてもありました。たとえ理想が高くてもそれを叶えるための努力を怠らずに活動を止めなければ時間が掛かっても自然と結果はついてくるんだと。最終的にご成婚をつかむのは、彼女のような結婚に対する強い意欲を持った方なんだとあらためて実感しました。

彼女のように海外駐在員の男性を求めて入会される方も多いのですが、このような海外で活躍されているハイスペックな男性から選ばれるためには、それ相当の自分を磨く努力が必要です。例えば、海外生活をともにするわけですから、外見や教養であったり、自立心であったりと。幅広く求められます。

 

Q. どんなお客様に来てほしいですか?

結婚相談所と言うと、何となく結婚出来ない人の集まりと思われる方が多い様に感じますが、最近は20代の内から自分の将来を考えて早めに活動を始める方が増えています。若い人ほど、賢く戦略的に結婚相談所を利用している印象です。実際、入会された会員様のほぼ全ての方が「何でもっと早く始めなかったんだろう」と決まって仰います。

私自身も31歳で結婚相談所に入会したとき「もっと早く入っていれば良かった」と感じました。相談所で活動するまでの3年間は、婚活アプリなどを使って独自に婚活していたんですが・・・自分が望む結婚にはつながらず、せっかく恋人になっても1年ほどでお別れして悔しい思いをしたんです。やはり、結婚を意識した男女が集う結婚相談所で活動した方が間違いなく結婚に近くなると気付きました。

特に女性の場合、結婚相談所は年齢が若ければ若いほど可能性は広がり、活動もしやすいと思います。20代でしたら同世代とのお見合いも多数叶いますし。幅広くお相手探しもできます。

若くても良いお相手、理想のお相手とのご結婚を考えている方であれば、過去の私のよう婚活で”迷子”になる前にぜひ一度私の相談所にいらしてくださいね!

 

Q. お客様へメッセージをお願いします。

素敵なお相手と良い結婚がしたい。

婚活をされている方なら、誰もが一度はそう思うのではないでしょうか?特に今回のコロナ禍によって、良質な出会い、そして良質な結婚を求める方が増えている様に感じます。

丸の内結婚相談所では、「高望みだから結婚出来ない」や「理想が高いから無理」と考える事はしません。あなたの目標を叶える為には何をしていけばいいのか、まずは現状把握からスタートし、実現までのステップを一歩一歩着実に進めていける様にアドバイスやサポートをさせていただきます。

その為にも、当相談所の特長として、少人数受け入れ体制を取っていまして、お一人お一人丁寧にお世話させていただいております。